業務内容

外壁塗装
屋根塗装
防水塗装
浴室塗装
その他

本社の特徴

安心保証
中間マージン無し
安い施行料金
見積もり無料
塗り替え達人

会社案内

会社概要
会社実績
完了までの流れ
お問合せ

お客様の声

お客様感想文①
お客様感想文②

弊社のブログ

トップページ
お知らせ
最新情報
相談実例
施工事例
お客様の声
採用情報
安心価格サービス
高品質サービス
迅速なサービス
キャンペーン
塗装の資格
塗装マメ知識

外壁熱遮断

リペイントハウスはマイルーファー会員 加盟社!熱遮断効果でエアコン電気代の節約!

防水塗装の効果を見る

屋上、屋根、外壁の防水工事の必要性

まだ雨漏りしてないから、まだ平気、なんてお考えじゃありませんか?
雨漏りはしていなくても、クラックなどから雨水が建物内部に浸入し、その結果、内部のコンパネや木部を腐らせてしまっている事も多くあります。
柱の腐食や悪臭など、様々なトラブルを引き起こしますので、定期的なチェックとメンテナンスが必要です。

雨漏りはどこから?

屋根から

雨の通り道となる雨樋。
掃除しづらい雨樋に落ち葉などがたまり、雨水の行き場がなくなりわからないところで水が溜まってしまうケースや、防水シートなどの工事不良が原因で雨漏りをする場合もあります。
間違った施工をしてしまうと、防水紙の内側に雨水が回り込み、屋内に漏水してしまいます。

外壁から

外壁の場合の大半は、ひび割れ(クラック)や部材が重なっている隙間から雨水が侵入して、内部に入ってきます。
それが、柱などから全体に伝わり侵食していき、最後には漏水してしまいます。

防水工事の種類

アスファルト防水工事

薄いアスファルトシートを数層重ね合わせて防水層を作る工法。
熱工法やトーチ工法があり、熱工法は高温で溶かしたアスファルトを液状で敷いていきます。
トーチ工法はトーチバーナーであぶる工法でともに発生する臭いが難点です。
防水層が厚いため、耐久性が高く防水機能が非常に高いので重量が重いことが短所。
屋上防水工事に最適です。

シート防水工事

シート防水とは、合成ゴム(加硫ゴム)製シートを専用の接着剤や業者独自の固定方法で貼り付ける工法。
シートをつなぎ合わせていくので業者が雑な施工をすると水漏れの原因になります。
様々な施工に仕様でき、プールなどにも使える塩ビシートと耐候性や防音に優れたゴムシートがあります。

塗膜防水工事

簡単に言えば防水塗料を塗り重ねて防水層の厚みをつけます。
ウレタン防水やエポキシ防水などがあり、凹凸のある下地にも施工ができるため、床やバルコニー、駐車場、屋上などに多く採用されています。
ウレタン工法の場合は防水層間の空気が膨張、水蒸気の突き上げによる「フクレ」を防ぐために、脱気工法がおすすめです。

FRP防水工事

FRPとはガラス繊維で強化されたプラスチック樹脂のことで、さまざまな防水用途に利用されています。
FRP材全体で柔軟性があるので地震等の揺れにも下地が追従し表面にヒビが入りにくく、強度に優れています。
また、FRP防水は保護層が不要のため、防水層の重量が無く、建物を補強しなくても施工できます。


フットナビ

サイトマップ。xml 相互リンク募集 相互リンクご依頼フォーム

相互リンク集01 02 03 04 05 06 07 08 09 10